TEAMZ WEB3/AI SUMMIT
スピーカー 2024

2024

"I" のロゴが表示され、クリックするとインフォメーションが表示されます。
自由民主党

平 将明

元・内閣府副大臣 デジタル社会推進本部web3PT座長

自民党AIの進化と実装に関するPT座長、自民党フュージョンエネルギーPT座長、自民党新しい資本主義実行本部幹事長などを兼務。元・内閣府副大臣(2019.9~2020.9 防災、行政改革、IT政策、科学技術イノベーション、宇宙政策など担当) 元・内閣府副大臣(2014.9~2015.10 地方創生、国家戦略特区、クールジャパン戦略、沖縄関連政策など担当) 元・経済産業大臣政務官 2022年 1月26日、自民党デジタル社会推進本部 NFT政策検討PT座長に就任。 3月30日、自民党デジタル社会推進本部 NFT政策検討PT座長として「NFTホワイトペーパー ~ Web3.0時代を見据えたわが国のNFT戦略 ~」を公表。官僚の手を介さず作成された画期的で世界最先端のペーパーと評価。 9月13日、NewsPicks(ソーシャル経済メディア)の番組「THE UPDATE」に出演し、「アナログの価値を最大限に広げるのがデジタル。その最適組織ツールがDAO(ダオ)。」のコメントで「King of Comment賞」を受賞。 12月8日、「NPO法人 万年野党」から第208国会 三ツ星国会議員として表彰される(四度目の受賞、受賞理由は「web3に関する自民党ホワイトペーパーのとりまとめなど、政策立案の新たな手法を実現」)。 自民党で税制改正の議論を主導し、2023年4月から自社発行の保有トークンを期末時価評価の対象外に、2024年4月から第三者が保有する短期売買目的でないトークンを期末時価評価の対象外にした。
X アイコンは、クリックすると開いている情報ウィンドウを閉じます。
"I" のロゴが表示され、クリックするとインフォメーションが表示されます。
”WEB3“

Alex Tapscott

作家

アレックスは起業家であり、ビジネスの著者であり、ブロックチェーンや仮想通貨などの新興技術がビジネス、政府、社会に与える影響に焦点を当てた経験豊富な資本市場プロフェッショナルです。彼の最新の書籍である「Web3: Charting the Internet’s Next Economic and Cultural Frontier(ハーパーコリンズ)」は、2023年9月19日に出版されました。 アレックスはまた、カナダ有数の投資会社であるNinepoint PartnersのDigital Assets Groupのマネージングディレクターでもあり、その資産総額は80億ドル以上です。 アレックスはまた、非常に評価されているノンフィクションのベストセラーである「Blockchain Revolution」の共著者であり、これは19以上の言語に翻訳され、世界中で50万部以上売れています。彼の他の著書である「Financial Services Revolution」と「Digital Asset Revolution」は、それぞれ2020年と2022年に出版されました。 アレックスは世界中のビジネスや政府のオーディエンスからその専門知識を求められています。Goldman Sachs(Talks at GS)、Google、Allianz、IBM、Microsoft、Accentureなどの企業でのビジネスオーディエンス向けに200回以上の講義やエグゼクティブブリーフィングを行っています。彼はブロックチェーン業界で常にトップの影響力を持つ人物として評価されています。また、彼のTedXトーク「Blockchain is Eating Wall Street」は800,000回以上視聴されています。
X アイコンは、クリックすると開いている情報ウィンドウを閉じます。
定期的にウェブサイトを更新しています。更新をお待ちください。

2023

球状を形成している緑色の粒子。
"I" のロゴが表示され、クリックするとインフォメーションが表示されます。

平 将明

元・内閣府副大臣 デジタル社会推進本部web3PT座長

自民党AIの進化と実装に関するPT座長、自民党フュージョンエネルギーPT座長、自民党新しい資本主義実行本部幹事長などを兼務。元・内閣府副大臣(2019.9~2020.9 防災、行政改革、IT政策、科学技術イノベーション、宇宙政策など担当) 元・内閣府副大臣(2014.9~2015.10 地方創生、国家戦略特区、クールジャパン戦略、沖縄関連政策など担当) 元・経済産業大臣政務官 2022年 1月26日、自民党デジタル社会推進本部 NFT政策検討PT座長に就任。 3月30日、自民党デジタル社会推進本部 NFT政策検討PT座長として「NFTホワイトペーパー ~ Web3.0時代を見据えたわが国のNFT戦略 ~」を公表。官僚の手を介さず作成された画期的で世界最先端のペーパーと評価。 9月13日、NewsPicks(ソーシャル経済メディア)の番組「THE UPDATE」に出演し、「アナログの価値を最大限に広げるのがデジタル。その最適組織ツールがDAO(ダオ)。」のコメントで「King of Comment賞」を受賞。 12月8日、「NPO法人 万年野党」から第208国会 三ツ星国会議員として表彰される(四度目の受賞、受賞理由は「web3に関する自民党ホワイトペーパーのとりまとめなど、政策立案の新たな手法を実現」)。 自民党で税制改正の議論を主導し、2023年4月から自社発行の保有トークンを期末時価評価の対象外に、2024年4月から第三者が保有する短期売買目的でないトークンを期末時価評価の対象外にした。
X アイコンは、クリックすると開いている情報ウィンドウを閉じます。
"I" のロゴが表示され、クリックするとインフォメーションが表示されます。

VERBAL

アーティスト

m-floでの活動の他、超豪華ラップグループ TERIYAKI BOYZ® のメンバーとしても知られ、独自のコネクションを活かし数多くのアーティストとコラボレーション。Pharrell Williamsなどの海外アーティストとも交流が深い。 そのスタイルはファッション界からの注目も熱く、パートナーでありデザイナーのYOONと共に2008年にスタートしたファッションブランド ”AMBUSH®” ではCEOを務め、Nike、Levis、Louis Vuitton(Kim Jones)、MOËT ET CHANDON、BVLGARI、Rimowa、GENTLE MONSTER、General Mills といった様々なコラボレーションを実現させている。 2016年9月2日には東京にてブランド初となるショップを東京にオープン。2022年には上海と香港にAMBUSH®の新店舗がオープンし、従来のショップ形態の枠を超える新たなクリエイションやカルチャーを発信するスポットとなっている。 世界のファッションビジネスを中心とするオンラインニュースサイト”Business of Fashion (BOF)” が発表する「ファッション界を変える世界の500 人」にVERBAL & YOONの2人が5年連続選出、2022年には “Hypebeast100”に選出されるなど、その活躍の場は多岐にわたる。 2022年2月にはブランドとして初となるNFTアイテムを販売し2分で完売。独自メタバース「AMBUSH® SILVER FCTRY」をオープンするなど独自のクリエイティブで常に話題を集めている。
X アイコンは、クリックすると開いている情報ウィンドウを閉じます。
"I" のロゴが表示され、クリックするとインフォメーションが表示されます。

Sumit Ghosh

創設者・代表取締役

シュミット・ゴーシュはベンチャー企業のTech4Billion Media社の共同創業者兼CEOであり、経験豊富な起業家です。シュミットはエンジニアとしての最後の年に23歳でITおよびソフトウェアサービスプロバイダ企業であるGlobussoftを創業し、同社を率いて年間600億ルピーの収益を生み出しました。 シュミットの2つ目の起業家活動であるSocioboardは、デジタルマーケティング分野での自動化製品の開発に従事しています。Socioboard製品スイートには、年間継続収益(ARR)が150億ルピー以上ある非常に有名なソフトウェアであるPowerAdSpyが含まれています。 彼のである中央東部のインドの都市チャティスガルにおいて、シュミットはチンガリをインドのいわゆる二次および三次層の住民向けのソーシャルアプリとして開発する原動力となりました。チンガリは2018年に立ち上げられ、世界で最も急速に成長するオンチェーンソーシャルアプリとなりました。また、彼の緻密なリーダーシップの下、チンガリはインドで最も人気のあるショートビデオアプリの1つになりました。現在、500万人のデイリーアクティブユーザー(DAU)、4000万人の月間平均ユーザー(MAU)、および1億7500万人以上の総ユーザーがいます。チンガリは、Google Playで世界でトップ20のダウンロード数を誇るアプリの1つです。また、アプリで1日に2億本以上のビデオが視聴されています。 シュミットは熱心な読書家であり、ブロックチェーンやWeb3などの新しいテクノロジーに情熱を注いでいます。
X アイコンは、クリックすると開いている情報ウィンドウを閉じます。
"I" のロゴが表示され、クリックするとインフォメーションが表示されます。

Sebastien Guillemot

共同創業者兼CTO

セバスチャン·ギーモは、dcSparkの共同創業者兼CTOとPaima Studiosの共同創業者です。dcSparkは世界有数の暗号エコシステム構築企業として、FlintウォレットやMilkomedaなど、グローバルなブロックチェーンエコシステムのための新規プロジェクトを多数開発してきました。Milkomedaは、非EVMブロックチェーンにEVM機能を提供するL2プロトコルです。Paima Studiosは、2022年4月に設立、トラストレスなWeb3の実現に向け、業界の最前線に位置するリーディングカンパニーです。Webプリミティブの構築に注力し、新しい標準となることが期待されているPaima Engineのパイオニア的存在となっています。 ギーモは2018年に東京へ移住、それ以前はEMURGO社でエンジニアリング部門のCo-VP兼プロジェクトマネージャーを務め、京都を拠点に2年間活動していました。 最愛の日本に移る以前の2015年には、シアトルのMicrosoft本社でAI&Researchのグループに所属し、研究開発を担当。ギーモのチームでは数十万人のアクティブユーザーが利用する製品を構築し、Coinbaseをはじめとする大企業が活用するSD開発を主導しました。 ギーモはブロックチェーンエコシステムにおける傑出した人材の一人として、国際的な暗号コミュニティに積極的に関与し、オンラインフォーラムやMediumでのブログ記事執筆、複数のグローバルイベントにパネリストとして登壇し、多方面にわたり活躍しています。 カナダ中央部の都市ウィニペグ出身で、カナダ西海岸のヴィクトリア大学で理学士を取得。学生時代には自然言語処理や機械学習に熱心に取り組み、並行して日本語の独学にも力を注ぎ、JLPT(日本語能力試験) N1を修了しました。こうした能力が認められて、Microsoftの開発チームの一員になり、機械学習モデルを作成した際には彼の力が存分に発揮されています。 ギーモにとって、コンピューターは物心がついたときから身近な存在でした。ソフトウェアエンジニアの父を持つ彼は、4歳のときに初めてのWindows 98コンピューターを手に入れています。その後、芸術に造詣の深い母の影響を受け、12歳になるころにはActionScriptを駆使して、Adobe Flashのアニメーション作品やゲームの作成やコーディングに取り組みました。 コンピューターへの情熱を失わずに13歳になった彼はTI-BASICを使い始め、TIグラフ計算機で複雑なゲームのプログラミングを行うようになりました。Javaなどのより主流なコードを彼に初めて教えたのは、大学でソフトウェアエンジニアを務めていた父でした。この経験が、ギーモがコンピューターサイエンスや数学をより深く学ぶきっかけとなりました。
X アイコンは、クリックすると開いている情報ウィンドウを閉じます。
"I" のロゴが表示され、クリックするとインフォメーションが表示されます。

Daniel Hwang

共同創業者 & 戦略アドバイザー

現在はKintsugi Techの運営者として、ブロックチェーンインフラストラクチャエコシステムの支援に時間を費やしています。また、BxC(Blockchain x Climate)の共同創業者兼戦略アドバイザーであり、ZK L1やAleoなどのバリデータエコシステムのコンサルタントとしても活動しています。また、cosmosの公共財エコシステムへの貢献や、PoSバリデータエコシステムをサポートするValidator Commons作業グループの共同創業者としても活動しています。以前は、stakefishのプロトコル部門の責任者およびF2Poolの特別プロジェクトリーダーでした。また、韓国初のDAOであるHanDAOの共同創業者でもあり、韓国のアーティストコレクティブであり、韓国のクリエイターコミュニティを教育、資金支援、NFTとメタバースのエコシステム構築でサポートしています。Danielは2013年に仮想通貨のマイニングから仮想通貨およびブロックチェーンの世界に足を踏み入れました。その後、東南アジアでの仮想通貨ベースの送金サービスや、医薬品供給チェーンアプリケーションでの許可制ブロックチェーンの取り組みを支援し、ブロックチェーン上の健康データに関するIEEE(電気電子学会)の作業グループをリードし、0x Protocolを使用したアジア地域の分散型取引所の開発に取り組みました。また、ジョンズ・ホプキンス大学の大学院プログラムでブロックチェーンに関連する暗号学や分散システムの研究に深く取り組み、Layer 1のブロックチェーンのエコシステム開発をリードし、クリエイター向けのNFTとメタバースの領域を幅広くサポートしてきました。
X アイコンは、クリックすると開いている情報ウィンドウを閉じます。

早期申し込み

スピーカー, スポンサー, レッドカーペット・スポンサー, ピッチ・スポンサー,
サイドイベントの企画, メディア, パートナー&インフルエンサー, ボランティア

TEAMZにお問い合わせいただきありがとうございます。
担当者より折り返しご連絡させていただきます。
Oops! Something went wrong while submitting the form.

詳細情報をご希望の場合は、ミーティングが可能です。
下記のリンクからご予約ください。

スポンサーシップの詳細
Weekly Newsletter

ニュースレターの無料購読

teamz news
  • ニュースレターの内容
  • 最先端のテクノロジーニュース(主にWeb3とAI)をお届けします。
  • 国内外問わず最新のテクノロジーニュースをお届けします。
  • 最新の限定オファーやイベント情報をお届けします。
  • TEAMZの求人やコラボレーションのオファーが受け取れます。
  • TEAMZのあらゆる最新情報をお届けします。
いつでも購読解除が可能です。
(1) メールはMailchimpプラットフォームを通じて送信されます。
(2) @teamz.co.jpを含む送信者からメールが送信されます。
ありがとうございました! あなたの投稿を受け取りました。
Oops! Something went wrong while submitting the form.
チケット購入
スピーカー・ページのカバー画像